OFFICIAL BLOG

高本 彩花 公式ブログ

高本 彩花
たかもと あやか
出身地 神奈川県
生年月日 1998年11月2日
  2018年05月  
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
あゆみ



こんにちは



高本彩花です



5月6日に私達の初舞台「あゆみ」が大千秋楽を迎えました。


チームカスタネット、チームハーモニカ
全24公演が誰も怪我することなく、誰も欠けることなく、無事終えました



無事終えたということで、今まで深く話せなかった舞台のことをお話したいと思います


舞台をやると聞いた時、頭の中が真っ白になって、本当に本当に恐怖でいっぱいでした

ドラマは経験したけれど、演技はやっぱり苦手だなって思っていたので不安のが大きかったです。



顔合わせをして、稽古が始まりました。
私は梅原役で子供の男の子の演技をすることになりました。

性別も年齢も違う役をやるのはかなり難しかったです。

自分の想像の中の梅原くんと自分の演じる梅原くんが一致しなくて
納得がいかなくて
上手く出来なて
自分がなったことがないからだってそのせいにして、同性の役ばかりの子を羨ましいなって思う時もありました。


でも、稽古を重ねる毎に男の子になるのが、梅原くんになりきるのがすごく楽しいとおもえるようになりました。
演技は苦手だけど、思いっきりなりきることで楽しいなって思えるってことに気づきました。



今では梅原くん役をやれて本当によかったと思いますし、梅原くんに出会えてよかったなって思っています。

梅原くんに出会わなかったら、舞台や演技にいつまでもネガティブなイメージがついたままだったと思います。 

梅原くんのおかげで舞台って楽しいんだって気づけました。


私は、いろんな時代のあみちゃんと梅原役を演じましたが
梅原くんになる時が1番楽しかったです。


小学校の通学路が一緒で登下校を一緒にして
あみちゃんになら自分がすごく大切なものを貸してあげるし
とにかく、あみちゃんのことがずっと好きだった梅原くんが大好きです。




この舞台を経験して、たくさんこれからに活かせることを学びました。 

人生についてもたくさん考えました。

今私はアイドルとして生活してるから、あみちゃんのような人生をあゆむことは出来ないけど、こんなあゆみもあるって、人それぞれ素敵なキラキラしたあゆみがあるんだなって感じました。



私達の初舞台があゆみでよかったです
  


大千秋楽のカーテンコールの時
皆さんが立って拍手してくださったあの景色は本当に忘れられません

あゆみ。大好きです。


これからあゆみロスが起きそうです。



4月20日から5月6日まで
あゆみを見に来てくださった皆さん本当にありがとうございました

皆さんの心に何か温かい記憶が残っていたら嬉しいです。




はーい、じゃあいきます!はじめのいーっぽ


image1.jpeg







最後まで見てくださってありがとうございます


高本彩花


498