OFFICIAL BLOG

宮田 愛萌 公式ブログ

宮田 愛萌
みやた まなも
出身地 東京都
生年月日 1998年4月28日
メンバー選択
  2018年12月  
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
スナック眞緒物語#11

ブログ開いていただきありがとうございます

こんにちは。
スナック物語の時間です🕑

**************************

カランコロン
「あら、いらっしゃい」
お店のドアのベルが鳴り、スナック眞緒の店内に眞緒ママの甲高い声が鳴り響く。
「眞緒ママ〜来たよ!」
常連の男性が12月の外気とともにやってきた。眞緒ママがその姿を見てはしゃいだ声を上げる。
「あら!最近よく来てくれるけど、いいの?奥さんや娘さんが家で待ってるんじゃない?」
「大丈夫。スナック眞緒は俺の心のオアシスなんだから!」
そう言って笑う男性に、バイトのまなもが「いつも本当にありがとうございます」と、眞緒ママお手製カクテルを差し出した。
「まなもちゃんに会いたいからね」
男性がいたずらっぽく笑うと、眞緒ママは「ひどーい!私は?」と抗議する。スナック眞緒の店内は笑い声に包まれた。
「でもさ聞いてよ。最近妻も娘も冷たいんだ。まだ5歳なのに、『パパとお風呂入りたくない!』『一緒に寝たくなーい!』って……。挙げ句の果てには、『パパくさーい』だよ。俺、臭いかな……」
切なげに男性が言う。
「職場もでもさ、可もなく不可もなしなんだよな。だからさ、ママのビールだけが癒しだよ」
「あら、そんなこと言っても何も出ないわよ!まあ、でもあなたここに通いすぎだから家族が冷たいのよ。最近毎日来てない?」
眞緒ママが尋ねると、男性は「いやあ」と口を濁す。
「もうすぐクリスマスなんだし、奥さんにプレゼントでもしてみたら?」
眞緒ママがそう提案すると、バイトのまなもも頷いた。
「良いアイデアですね!旅行とかどうですか?友達と行ってきたら?って」
「そういうものなのかな……まあでもそんなに言うなら贈ってみようかな」
そう言って男性は奥さんを旅行に送り出したのだった。

「彼、うまくやってるかしら」
「流石にやってますよ!3日分の朝昼晩ご飯のメニューと、掃除洗濯のやり方はきっちり教えましたし……」
お客さんのいないカフェタイム。眞緒ママとバイトのまなもがお喋りをしていると、お店のドアのベルが鳴った。
「あら、いらっしゃい……ってあらあらあらあら!!」
眞緒ママは驚いてひたすら「あら」と言い続ける。そこには奥さんと娘を連れた男性が立っていた。
「妻が旅行に行っている間家のことをしてみて、大変さに気がつきました。もっと家のことをやらないとなって。だからこれからはカフェタイムにみんなで来ることにします!」
娘が物珍しそうに店内を物色し、嬉しそうにひらがなくりすますのTシャツを着たピクルスを抱きしめる。
奥さんとバイトのまなもはなんとなく目を合わせて、困ったようにくすりと笑い合うのだった。


今日もスナック眞緒は大繁盛♪
 
原案:井口眞緒 文:宮田愛萌
**************************




お読みいただきありがとうございました


   スナック眞緒#11