OFFICIAL BLOG

宮田 愛萌 公式ブログ

宮田 愛萌
みやた まなも
出身地 東京都
生年月日 1998年4月28日
メンバー選択
  2021年03月  
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
左耳だけ塞いで、右手を伸ばす

ブログ開いていただいてありがとうございます

こんにちは!宮田愛萌です。
 
まずひとつご報告。
大学卒業確定しました!
大学についてのお話はまた今度しますので今日は取り急ぎ。
皆さん、
愛萌が卒業できますよーに
と、祈って下さりありがとうございました❤︎


**************************
 
 
私が日向坂文庫で、担当していた『おさがしの本は』。
その作者さんである門井慶喜さんが
私のブログを見てくださったそうで
なんと、光文社文庫さんから出版されている
『小説あります』
『こちら警視庁美術犯罪捜査班』
『新選組颯爽録』
『新選組の料理人』
の4冊にサインを入れてくださいました!!!!
 
ありがとうございます!
 
サインを入れた本をいただけたことも嬉しかったのですが、
編集さんからのお手紙に書いてあった門井さんのお言葉もすごく嬉しかったです!!!
 
 
どれも面白くてアッと言う間に読み終えてしまいました。
 
私が担当させていただいた『おさがしの本は』に関連しているので、すでにこれを読んでくださっている方は『小説あります』から読むのがおすすめですね!
 
 
突然ですが、モネとマネの違いがわからない方、いらっしゃいますか?
 
わからない!と元気よく答えたそこのあなた!
『こちら警視庁美術犯罪捜査班』
おすすめです♡
 
えっわからない人いるの?常識デショ。
と思ったあなた!!!
『こちら警視庁美術犯罪捜査班』
おすすめです❤︎
 

私、少し前から時代小説にハマっているのですが、読むものはほとんど江戸時代の町人ものでして、
ついでにいうと日本史選択だったけど基本的にあんまり勉強していなかったので(先生ごめんなさい)
新撰組ね!あれね!浅葱色のだんだらのね!
くらいの知識しかありませんでした。
 
それでも、全然問題無く、むしろこれから勉強したい!!!と思うほどに楽しく読めたのが、
『新選組疾風録』と『新選組の料理人』です。
 
『新選組疾風録』の方は隊士ひとりひとりに焦点を当てた短編集で、私たちは“新撰組”という名前しか知らないけれど、人なんだよね。となんだかしみじみとした気持ちになりました。
 
『新選組の料理人』の方は、隊士でも戦わず、ご飯を作る人の方から見た世界を描いたものです。
戦わない人から見た新撰組ってこうなのかもな〜
と新しい見方ができたりもして、すごく楽しかったです!
 
歴史とか全然興味なくて、
「私の出来る“史”は文学史だけなので」
と主張していた私が、
日本史をもっと真面目に勉強しておけばよかった!!!!!
と後悔する日が来るとは思いませんでしたが、
なんだかその悔しさも心地よいです。
 
私の大学、史学科も人気があるので、もう少し史学科のオープン科目も取っておけばよかったです。哲学ばっかりやってたことを、後悔!
 

**************************


まず、お礼を言わせてください。
 
メッセージの方で、
『影ちゃんが舞台で猫と戯れてるところを、美玖と明里と眺める夢見た〜!
これを夢占いしてくださる方か、LoveMeDoさんいらっしゃいますか〜?』
的なことを言ったら、
ファンの方がLoveMeDoさんに本当に聞いてくださったようで、
占っていただいてしまったのです……!!!!
 
LoveMeDoさん、ありがとうございます!
 
なんだか申し訳ない気持ちですが、
とっても嬉しかったです!
まだ邪馬台国は見つけられていませんが、
今回の占いの結果の好きなことを仕事に!が叶うかも!と頑張ろうという気持ちがすごく強くなりました!!!
 
復帰したら、清少納言のコスプレとか出来るかな!
 
実はうちの母が、LoveMeDoさんの占いがとてもとても大好きで、
「Doさんの占い見て!!!」
とよく話しているので、今回もとっても喜んでいました。
(母はいつも嬉しそうに「Doさん」と呼びます)

またいつかご一緒したいです!!!
 
 
**************************

これ見てください〜!!!!
 
 
日向坂文庫でお世話になっている光文社さんの、古典新訳文庫シリーズから、
光文社新訳文庫ベストセレクション for Teens
が出るんです!!!!
 
新訳文庫も名作揃いで最高なんですけど、
なんと言ってもこのセットで買うとついてくる解説小冊子が最高なんですよ!!!!
 
色んな方に古典との付き合い方を聞いたアンケートだったり、作品ごとの読みどころが書いてあったりするんです!
アンケートには、あさのあつこさん(日向坂文庫では佐々木美玲さんが担当してた「一年四組の窓から」の作者さんです!)や辻村深月さん(日向坂文庫で潮紗理菜ちゃんが担当していた「クローバーナイト」の作者さんです!)、
それに蜂飼先生もアンケートに答えられているんです!!!!!!!
すごくないですか!?豪華の極みですよね。
 
それに作品ごとの読みどころを書いてらっしゃるのは、三宅香帆さんと宮田文久さんです!
三宅さんはもう皆さんご存知かと思うんですけど、
宮田さんもすごく素敵なエディターの方で、無料で公開してらっしゃるDISCOという雑誌を見たことがありまして。
 
ひとりで勝手にうわぁ〜!!!となりました。
 
 
欲しい。欲しすぎる…!!!
 
『秘密の花園』はちょうど先日新潮文庫さんから出た、畔柳和代さんの訳のものを持っているので、この光文社古典新訳文庫さんのものと比較してみるのも面白いですね!!!
 
しかもこのラインナップにラフカディオ・ハーンの『怪談』があるとか良すぎます!
 
恥ずかしながら、
光文社古典新訳文庫さんのものは1冊も持っていないので、これを機に買っても…いいかなぁ……
 
 
 
実は、自分への卒業祝いに河出書房新社さんの『池澤夏樹個人編集 日本文学全集』を買おうかと思っていたんです。
でも値段と本棚問題で躊躇っていて、母に相談したところ、
「それ買ってどこに置くの!?うちの床抜けたら責任取れるの?」
と怒られまして……笑
 
 
でも多分床、そんなヤワじゃないですよね。
2000冊は余裕って聞いたことありますし。
 
 
どうしようかなぁ……
どっちも……いや、それは流石に買いすぎてお小遣いがなくなる………
(私は現状、自分から自分へのお小遣い制です)
 
 
迷います。どう思いますか???
 
 
**************************
 
YouTubeさんの方で、
けやき坂46の頃の曲のMVが期間限定で公開されております!
 
この機会に是非!!!!
 

 
写真がないので、
フォルダを一番上まで遡って探しました。
 
 

お読みいただきありがとうございました
ばいみん♪

   みやた まなも#317
 
 
ひな誕祭、もうすぐですね!
楽しみだな〜