OFFICIAL BLOG

森本 茉莉 公式ブログ

森本 茉莉
もりもと まりぃ
出身地 東京都
生年月日 2004年2月23日
  2020年05月  
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
未知なる可能性

こんにちは。
 
東京都出身、高校2年生16歳の
 
森本 茉莉(もりもと まりぃ)です。
 

 
 
「欅共和国2017」鑑賞会、皆さんご覧になりましたか??
 
日向坂46公式Twitterにて、私のコメントも載せていただきました。
 
TVでYouTubeを繋いでライブを見て、携帯でコメントを打つという形で鑑賞していたのですが、
先輩方の素敵なパフォーマンス、また水を使った欅共和国ならではの演出にもう目が離せず、ほぼノールックで文を書いておりました。
 
表情一つ一つがかっこよく、美しすぎました。
 
涙が止まらない事を書いたら、影山優佳さんが「泣かないで!」と言って下さってその優しさに更に泣いてしまいました。
 
エンディング見ながら「本当になんて素敵なグループなんだろう、好きだ」と思っていたら、新2期生の6人も出てきてもう「うわーー😭😭」ってなりました。滝涙。感涙。
 
本当に本当に、楽しい時間でした!!!
 
鳥肌たちすぎてこのまま鳥になれるのでは?と、生物転換の可能性を感じたのは初めてでした。
 
┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
 
最近、ある夢をまた1つ叶えられました。
 
それは、真夜中に1人でこっそりテレビを観ることです😳✊🏻
 
夜はどんな番組がやっているのか、ずっと気になっていたんです。
私が観た3時頃には、満点星空が見える場所やチェコに旅をすることが出来ました✨
 
チェコの映像はナレーションがある訳ではなく、街並みの映像に沿って後ろにBGMが流れていたのですがそれがとても心地よかったです。
 
チェコの街を歩いてる方々を見て、「これが日常なのか」とふと思い、海外に住むのが1つの夢でもある私はかなり羨ましくなりました。
 
でも、そこに慣れてしまうとやはり新鮮味も欠けて今自分がいる場所の良さも最終的には分からなくなってしまうのかなって考えると、寂しいので複雑です。
 
 
今こうして坂道のオーディション受かって、日向坂46というグループに配属させていただいて、そんな素敵な場所で生きていられる事に慣れるのだけは、絶対に嫌だなと思いました。
 
坂道グループに入りたいという夢を叶えられたら、もしオーディションに受かったら、どんな感じなのだろうと先の日々を想像しワクワクしていた頃があったな~。
 
よく鏡前で曲に合わせて、しっかりエアマイクしながら踊ったり、まだオーディションの開催も決まっていないのに自己PRを練習したりしてました。笑
 
懐かしいです、、。
 
 
あ、とても急ですが、ヲタ活していた日々を思い出しました。あの楽しさは一生忘れないですね。
全国握手会のミニライブ待機中に、リハーサルの音漏れが聞こえて「ああ、この中に今メンバーさん方がいらっしゃるのか。あと少しでお会いできるのか。」と一瞬でテンションが更に上がったり、
メンバーさん方との握手後レーン出る時にニヤニヤしてしまうのを隠そうと、手で口抑えたら手から凄い良い香りがして、更にニヤニヤ隠せなかったり、。
そういえば、友達とメンバーさん方のハンドクリームの香りの情報交換をしたこともあります。
他にも、名古屋ライブに1人で行った時、少し寂しくて隣の席にいた女ヲタさんに急に話しかけてしまったり、
 
待て。思い出しているだけで楽しすぎる。流石過ぎている。きりがないため、この辺でやめときます。
 
 
よし、話を戻します。
 
勿論成長はしていきたいのですが、最初感じていた何か新しい事が始まることへのときめきを忘れずにずっと感じていたいし、その場所にいられる幸せを常に噛み締めていたいなと急に思いました🙄💭
 
 
いや、チェコの旅を見ていただけなのに、こんな話になるか??、、。笑笑
きっと私「無心になること」とか、かなり苦手なタイプだ。汗汗
 
┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈
 
先日、TAKAHIRO先生のリモートレッスン2回目がありました。
 
沢山『ひ』ポーズをしたからか、珍しく腕が筋肉痛になりました!笑
 

 
『ひ』ポーズに慣れるため腕を鍛えることを決意。
 
 
皆さんも一緒にレッツダンシング!というのを、表してみました。
 

 
非常口の人のポーズになってしまった。
 
 
今日はこの辺りで失礼させていただきます。
 
明日はベイビーちゃんこと、山口陽世による更新ですよ☀️
 
ブログ読んでくださり、有難うございました。
 
また、3日後にお会いしましょう!