OFFICIAL BLOG

高瀬 愛奈 公式ブログ

高瀬 愛奈
たかせ まな
出身地 大阪府
生年月日 1998年9月20日
  2020年06月  
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
どろだんご日記


 
みなさんこんにちは(。・ω・)ノ゙ 
 
高瀬愛奈です🐶🐶
 
 
 
 
ついに禁断の書を開く決心をしました。
 
 

 


中身を深く知ってしまうのが怖いような、
なんだかいけないような、
そんな思いでなかなか1歩を踏み出せずにいた、とある本を気付いたらついに購入していました。


とりあえず3冊。
「完全版社会人大学人見知り学部卒業見込」、「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」、「ナナメの夕暮れ」。

という本です。

皆さんご存知の通り、オードリー若林さんの本ですね。


"日向坂46"というアイドルと"オードリー"という芸人さん、という構造でバラエティ番組をやってる以上、あえて読まないほうがいいんじゃないか?
知りすぎてしまっては接し方が変わってしまうのでは?🤔

そんなことを不安に思っていたのですが、
そんな不安は必要なかったようで。より深く知った上で今まで通りでいようと思いました!



いやーびっくりよね‼️🙄

小学生の頃の夏休みの宿題とか、早めに終わらせても読書感想文だけはギリギリまで書けなくて残しておくタイプだったのに、
今となっては自ら読書感想文を書き始めようとしてるんだもん。

気付かないうちに人って変わっていってるんだな〜。

調べたところ、まず「完全版社会人大学人見知り学部卒見込」から読むといいと書いてあったのでそれから。


特に好きだったのは、「"確か"なもの」というお話です。


なんとなく、共感できるところが多すぎて、
途中、自分のことを言われてるんじゃないか?という錯覚に陥りそうになりました。

グサッと胸に突き刺さる部分が多かったり。

修学旅行とか遠足も、
「いやーそんなのなくても毎日学校で会えんじゃん。別にそんな張り切って行かなくて良くない?なーにみんなテンション上がっちゃってんだ😒」て思ってるタイプだったし。

つい俯瞰で見てしまうところとか。そういう部分から似てるな、と。


今になって思うと、
そういう自分にとって意味がないと思うものこそ、"せっかく"だから楽しんだほうがいいのにね。


本当にそう思います。


と、こんなことを言ってますが。

きっと、
若林さんは、勝手に本を読まれて、勝手に中身を理解したふりされて、なんだか似てる。
なーんて、言われたくないんだろうなぁ、と思います🤭。



- - - - - - - - - - - - - - - -



基本私は人見知りだし、ポジティブではないし、きっと自意識過剰なんだろうなというくらいすごく周りのことを気にしてしまうし、明らかに陽ではなく陰寄りなのはなんとなく自分でも理解してるつもりです()
それなりに陽に見せようと頑張ったりしてみるもすぐにやっぱ陰キャだよな(笑)てバレるし。

でも、だからと言って人と話したり触れ合うのが嫌いってわけじゃなくてむしろ好きなんですよね😳

それをどうにか変えろと言われても、性格は結局、形状記憶力が強すぎるのでなかなか変えられない、、。



無理に変えなくても、この性格で人生楽しもう。
上手くコントロールできればそれでいいんだな。


この本を読んで、
若林さんの言葉を受け取って、
そう、思いました。



そして読み終わった今、
若林さん、そしてオードリーさんのことがより好きになりました!

若林さんの考え方だったり、文章の書き方だったり、本当に共感できて。自分と似てる部分もあったりして。

あ!💡
若林さんとは誕生日も同じだしね!🎂🎉


だからこそ私も一緒で、春日さんのことが、
永遠の憧れで、自分にはないものをたくさん持っていて、尊敬して、人間としてとっても面白い方だなって思うんだろうな。と思いました!


こんな私に語る資格はないと思いますが、
あくまで1つの個人的な感想として!ね!(・・?







実は、若林さんのたまにアップされる旅行記がずっと好きで日常の密かな楽しみになっていたので、次の作品も読むのが楽しみです!
本を読むと時間を忘れられるな〜📚
最近は、エッセイ系が結構好きだったりします。



きっとないと思いますが、
もしこのブログを若林さんが読んだらどう思うんだろ〜🥶
 
もし読んでくださったら嬉しいけどそれはそれで恥ずかしすぎる😂‼️
 
 
 
 
 
ということで、
残りの2冊も早く読みたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろ書きましたが、、
 
 
 
 
 
最後まで読んでくださってありがとうございました💓
 
🐶高瀬愛奈/(o・ω・o)\🐶